商品情報にスキップ
1 3

音楽信号が持つダイナミズムを余さず伝える余裕の高出力パワーアンプを搭載。 XLRバランス入力を装備したプリメインアンプ。

『AX-505』は設置面積がわずかA4サイズのコンパクトな筐体に115W+115Wもの高出力を実現したステレオプリメインアンプです。

パワーアンプ部には新たにオランダHypex社製アンプモジュールNcoreを採用。そのエネルギー変換効率の良さから、低消費電力・低発熱で115W+115W(4Ω時、定格出力)を実現するとともに、低ひずみ率、高S/N比のクリアな音質はハイレゾ音源が持つダイナミックかつ繊細な音を確実に描写します。さらに、グラウンドセパレート接続に対応したヘッドホンアンプを搭載しており、高品位なヘッドホンリスニング環境をも提供します。

外観でひときわ目を引く2つのレベルメーターは、スペックのみで語られがちな現代のオーディオ装置において音楽を愉しむという本来の目的を叶えます。さらに適度な回転トルクを持ち微細な音量調節が可能なアルミ削りだしのボリュームノブ、静寂性を追求したファンレス設計など、随所に音楽と対峙するためのノウハウを惜しみなく投入しました。

AX-505はティアックの最新DAC、UD-505やNT-505と組み合わせることでDSD 22.5MHzやPCM 768kHzといったハイスペックなハイレゾ音源が持つポテンシャルを存分に愉しむことができるプリメインアンプです。

 

主な特長
●定格出力115W+115W(4Ω)、専用チューニングを施したHypex社製Ncoreパワーモジュール採用
●高品位なアナログオーディオを再現するMUSESオペアンプを採用
●各チャンネルごとに独立したラダー抵抗切替型電子ボリュームを採用
●大容量トロイダルコアトランスとショットキーバリアダイオード採用の電源部
●リニアリティの高い出力を実現するCCLC方式を採用したヘッドホンアンプ部
●グラウンドセパレート接続対応3.5mm 4極ヘッドホン端子
●4段階ディマー・バックライト付きレベルメーター
●静寂性を追求したファンレス設計
●制振性と高級感を両立するフルメタル筐体、デスクトップに設置できるA4サイズ

定格出力115W+115W(4Ω)の専用チューニングを施したHypex Ncoreを採用
コンパクトなボディからは想像しにくい本格的なプリアンプ部を搭載。XLR端子によるバランス入力を装備し、内部プリアンプ回路はフルバランス構成を採用。
パワーアンプ部に入力されるまでバランス構成を貫いたことで、ノイズの混入を抑えた音楽再生が可能です。RCAによるアナログ入力も3系統装備していますので、PD-501HR-SPのようなCDプレーヤー、その他オーディオ機器も複数台接続することができます。本格的なオーディオ回路に相応しいパワフルな電源部も特長で、コンパクトなボディにトロイダルコア電源トランスを採用した電源部を備えています。

音質にこだわった回路設計と数々の厳選されたオーディオ専用設計パーツ
音質に大きく影響するオペアンプには定評あるMUSESを採用し、ボリューム回路には左右各チャンネルごとに独立したラダー抵抗切替型電子ボリュームを採用するなど、細部にわたってオーディオ専用設計のパーツを厳選しました。

リニアリティの高い音楽再生を実現するCCLC方式ヘッドホンアンプ部
3.5mm 4極プラグに対応したヘッドホン出力を装備。左右チャンネルのグラウンドセパレート接続にも対応し、お手持ちのヘッドホンやIEMで左右信号の分離の優れたヘッドホンリスニングをお楽しみ頂けます。また、アンプ部にCCLC(Coupling Capacitor Less Circuit)方式を採用しており、コンデンサーによる出力段のカップリングを行わないことで、カラレーションを抑え、元の音楽情報をそのままの形でヘッドホンに伝送する、リアルな音楽再生を実現しました。

 【仕様】
・アンプ部
定格出力 115 W + 115 W(4Ω、1kHz、THD 0.8%、JEITA)
70 W + 70 W(8Ω、1kHz、THD 0.8%、JEITA)
全高調波歪率 0.002 % (XLR入力6V、8Ω, 1kHz、12.5W JEITA)
S/N比 110 dB(XLR入力6V、8Ω、1kHz、IHF-A)
周波数特性 10 Hz ~ 50,000 Hz(–5dB、XLR入力1V、8Ω JEITA)

・アナログ入力部
LINE入力(バランス) XLR端子(2番HOT) x 1系統
最大入力レベル 3.0 Vrms

LINE入力(アンバランス) RCA端子(金メッキ) x 3系統
最大入力レベル 2.5 Vrms

・出力部
スピーカー出力 AWG8対応スクリュー式端子 x 1組(金メッキ、バナナプラグ対応)
スピーカー適合インピーダンス 4Ω ~ 8Ω
ヘッドホン出力部
コネクター 3.5 mm 4極ミニジャック
対応接続方式 グラウンドセパレート
最大出力レベル 360 mW + 360 mW(XLR入力 1kHz 6V、32Ω負荷、THD 10% JEITA)
周波数特性 5 Hz ~ 150 kHz(¬-3dB)
S/N比 115 dB
歪率 0.003 %(出力30mW、32Ω負荷)

・総合
電源 AC 100V, 50/60Hz
消費電力 55W(110V時)
待機時消費電力 0.1W以下(オートパワーセーブモード作動時)
外形寸法/質量 290(W)x 81.2(H)x 264(D)mm(突起部を含む) / 4.2 kg

付属品 電源コード、リモコン(RC-1332)、リモコン用乾電池(単四)x 2本、
取扱説明書(保証書付)

当商品は、メーカー直送商品となります。
以下の場合、メーカーごとに別々のお届けとなります。
・メーカー直送品と、それ以外の商品とを同時にご注文いただいた場合
・異なるメーカーの直送品を複数ご注文いただいた場合

画像は、イメージです。
仕様および外観、パッケージは改善のため予告なく変更することがあります。

RELAX WORLD

TEAC Reference500シリーズ ステレオプリメインアンプ AX-505(ブラック/シルバー)

TEAC Reference500シリーズ ステレオプリメインアンプ AX-505(ブラック/シルバー)

通常価格 ¥176,000
通常価格 セール価格 ¥176,000
セール 売り切れ

送料

全国一律500円です。5,000円以上のご購入で無料になります。

カスタマーレビュー
名前を入力して下さい メールアドレスを入力して下さい
タイトルを入力して下さい
本文を入力して下さい 本文が短すぎます 本文が長すぎます。4000文字以内で入力して下さい
»
* 必須入力。HTMLタグは削除されます。
レビューを送信していただきありがとうございました。
レビューの送信中に問題が発生しました。しばらく経ってから再度お試しください。
0件のレビュー
詳細を表示する

音楽信号が持つダイナミズムを余さず伝える余裕の高出力パワーアンプを搭載。 XLRバランス入力を装備したプリメインアンプ。

『AX-505』は設置面積がわずかA4サイズのコンパクトな筐体に115W+115Wもの高出力を実現したステレオプリメインアンプです。

パワーアンプ部には新たにオランダHypex社製アンプモジュールNcoreを採用。そのエネルギー変換効率の良さから、低消費電力・低発熱で115W+115W(4Ω時、定格出力)を実現するとともに、低ひずみ率、高S/N比のクリアな音質はハイレゾ音源が持つダイナミックかつ繊細な音を確実に描写します。さらに、グラウンドセパレート接続に対応したヘッドホンアンプを搭載しており、高品位なヘッドホンリスニング環境をも提供します。

外観でひときわ目を引く2つのレベルメーターは、スペックのみで語られがちな現代のオーディオ装置において音楽を愉しむという本来の目的を叶えます。さらに適度な回転トルクを持ち微細な音量調節が可能なアルミ削りだしのボリュームノブ、静寂性を追求したファンレス設計など、随所に音楽と対峙するためのノウハウを惜しみなく投入しました。

AX-505はティアックの最新DAC、UD-505やNT-505と組み合わせることでDSD 22.5MHzやPCM 768kHzといったハイスペックなハイレゾ音源が持つポテンシャルを存分に愉しむことができるプリメインアンプです。

 

主な特長
●定格出力115W+115W(4Ω)、専用チューニングを施したHypex社製Ncoreパワーモジュール採用
●高品位なアナログオーディオを再現するMUSESオペアンプを採用
●各チャンネルごとに独立したラダー抵抗切替型電子ボリュームを採用
●大容量トロイダルコアトランスとショットキーバリアダイオード採用の電源部
●リニアリティの高い出力を実現するCCLC方式を採用したヘッドホンアンプ部
●グラウンドセパレート接続対応3.5mm 4極ヘッドホン端子
●4段階ディマー・バックライト付きレベルメーター
●静寂性を追求したファンレス設計
●制振性と高級感を両立するフルメタル筐体、デスクトップに設置できるA4サイズ

定格出力115W+115W(4Ω)の専用チューニングを施したHypex Ncoreを採用
コンパクトなボディからは想像しにくい本格的なプリアンプ部を搭載。XLR端子によるバランス入力を装備し、内部プリアンプ回路はフルバランス構成を採用。
パワーアンプ部に入力されるまでバランス構成を貫いたことで、ノイズの混入を抑えた音楽再生が可能です。RCAによるアナログ入力も3系統装備していますので、PD-501HR-SPのようなCDプレーヤー、その他オーディオ機器も複数台接続することができます。本格的なオーディオ回路に相応しいパワフルな電源部も特長で、コンパクトなボディにトロイダルコア電源トランスを採用した電源部を備えています。

音質にこだわった回路設計と数々の厳選されたオーディオ専用設計パーツ
音質に大きく影響するオペアンプには定評あるMUSESを採用し、ボリューム回路には左右各チャンネルごとに独立したラダー抵抗切替型電子ボリュームを採用するなど、細部にわたってオーディオ専用設計のパーツを厳選しました。

リニアリティの高い音楽再生を実現するCCLC方式ヘッドホンアンプ部
3.5mm 4極プラグに対応したヘッドホン出力を装備。左右チャンネルのグラウンドセパレート接続にも対応し、お手持ちのヘッドホンやIEMで左右信号の分離の優れたヘッドホンリスニングをお楽しみ頂けます。また、アンプ部にCCLC(Coupling Capacitor Less Circuit)方式を採用しており、コンデンサーによる出力段のカップリングを行わないことで、カラレーションを抑え、元の音楽情報をそのままの形でヘッドホンに伝送する、リアルな音楽再生を実現しました。

 【仕様】
・アンプ部
定格出力 115 W + 115 W(4Ω、1kHz、THD 0.8%、JEITA)
70 W + 70 W(8Ω、1kHz、THD 0.8%、JEITA)
全高調波歪率 0.002 % (XLR入力6V、8Ω, 1kHz、12.5W JEITA)
S/N比 110 dB(XLR入力6V、8Ω、1kHz、IHF-A)
周波数特性 10 Hz ~ 50,000 Hz(–5dB、XLR入力1V、8Ω JEITA)

・アナログ入力部
LINE入力(バランス) XLR端子(2番HOT) x 1系統
最大入力レベル 3.0 Vrms

LINE入力(アンバランス) RCA端子(金メッキ) x 3系統
最大入力レベル 2.5 Vrms

・出力部
スピーカー出力 AWG8対応スクリュー式端子 x 1組(金メッキ、バナナプラグ対応)
スピーカー適合インピーダンス 4Ω ~ 8Ω
ヘッドホン出力部
コネクター 3.5 mm 4極ミニジャック
対応接続方式 グラウンドセパレート
最大出力レベル 360 mW + 360 mW(XLR入力 1kHz 6V、32Ω負荷、THD 10% JEITA)
周波数特性 5 Hz ~ 150 kHz(¬-3dB)
S/N比 115 dB
歪率 0.003 %(出力30mW、32Ω負荷)

・総合
電源 AC 100V, 50/60Hz
消費電力 55W(110V時)
待機時消費電力 0.1W以下(オートパワーセーブモード作動時)
外形寸法/質量 290(W)x 81.2(H)x 264(D)mm(突起部を含む) / 4.2 kg

付属品 電源コード、リモコン(RC-1332)、リモコン用乾電池(単四)x 2本、
取扱説明書(保証書付)

当商品は、メーカー直送商品となります。
以下の場合、メーカーごとに別々のお届けとなります。
・メーカー直送品と、それ以外の商品とを同時にご注文いただいた場合
・異なるメーカーの直送品を複数ご注文いただいた場合

画像は、イメージです。
仕様および外観、パッケージは改善のため予告なく変更することがあります。